DSC03073.JPG

山形県鶴岡市。大変失礼ながら関東に生まれ育った僕には「鶴岡」という漢字と響きは鎌倉の鶴岡八幡宮を思い起こさせて、長年鶴岡市の存在を把握出来ていなかったという、これは本当に失礼な話。
でも今回、みっちり歩いてちゃんと鶴岡市を認識したもんね(誰に言い訳してるんだか)

さて、鶴岡市的には最大の観光資源は出羽三山であって、次ぎに温泉や海水浴場のある海岸線、更には映画のロケ地と、今回紹介する建築群には観光的にはあまり力を入れていない、というか、これは山形市にも共通することなのだけど、近代建築は教育施設であって観光施設ではない、という認識がもしかしてあるのではないか?という印象。

というのも鶴岡市街地の観光資源にはほとんど附属の駐車場がない、加えて物産店がない。
これも山形市と共通することなのだけど、どちらも城趾周辺に無料駐車場があって、ただしこれは観光のためではなく市民のため。城趾には大学があったり運動公園があったりで、茶屋も物産店も皆無だから、ここを起点に歩き回ると「いかにもというお土産が一切買えない」という恐ろしい現実と向かい合うことになる(そうして僕は実際に何も買えずに山形を去ったわけ)

いえね、これが僕がよくやる「ありふれた地方都市」を巡る旅であるなら納得なんですよ。だけど鶴岡市にしろ山形市にしろ、市街地に驚くほどの数の観光資源があって、これはどう考えたって観光地ではないか!という印象を抱いたからこその違和感。
だから近代建築イコール教育施設と捉えているのではないかなあという推察に繋がるわけなのです。

さて本題。

山形県には実に多くの明治〜昭和初期に建てられた公共施設が残っていて、そのほとんどが近年まで現役だったと聞く。
鶴岡市で最初に訪れたのは致道博物館
ここは庄内地方の文化財を移築して保存・展示する施設なのだけど、沿革を読んで驚くのは、その発想の先進性。

1950(昭和25)年、旧庄内藩主酒井氏によって地方文化の向上発展に資することを目的に土地、建物および伝来の文化財などが寄附され〜

〜1956(昭和31)年には収集した民俗資料を展示する「民具の蔵」を開設し、以降、1957(昭和32)年には旧鶴岡警察署庁舎(明治17年創建)、1965(昭和40)年には田麦俣多層民家旧渋谷家住宅(文政5年創建)、1972(昭和47)年には旧西田川郡役所(明治14年創建)がそれぞれ移築保存されました〜

って、僕の地元足利市が「古きは悪」と言って(言ったかどうかは定かでないがとにかく)容赦なく近代建築物を壊していた時期に、「地方文化の向上発展」に資するというしっかりとしたテーマに沿って大変な移築工事を行っていただなんて!

先を急ごう。

到道博物館、旧西田川郡役所(明治14年創建)
DSC02993.JPG

DSC02995.JPG

DSC03002.JPG

DSC03003.JPG

いいよねー。擬洋風建築のこれも傑作。外観はお役所っぽく威厳を表現したのだろうけど、今ではどこか懐かしく、そして愛らしい。
内部には庄内出土の考古学資料や幕末の戊辰戦争から明治文明開化期の資料が展示されていて、下の写真は昭和30年頃まで使われていたという「箱ぞり」
これにカイゼル髭をたくわけた医者が乗り込んで雪道を滑っていった、などと想像するとたまらなく楽しい。

DSC03009.JPG

DSC03010.JPG

しかし実はここで一番楽しみにしていた旧鶴岡警察庁舎はなんと解体修理中(; ;)
DSC03013.JPG

西洋建築以外だってもちろん好き。
旧渋谷家住宅
DSC03031.JPG

しかし解説読むとホント山形県民ってすごいと思う。

かつて田麦俣には、谷あいに数多くの多層民家がみられましたが、耐久年限も超え、生活様式の変化によって急速に姿を消したため、1965(昭和40)年にそのうちの一棟を移築保存したものです。 

どうして昭和40年にこういう発想が出来たのだろう。その頃地元足利市では(ry

DSC03026.JPG

屋内の照明もぎりぎりまで抑えてあって、雰囲気を重要視してるというより教育目的だからなんだろうね、これも。

そして大好きな水回り。
DSC03020.JPG

一畳ほどの小部屋。このむさ苦しさの再現は素晴らしい。
DSC03021.JPG

到道博物館を後にし、今度は大宝館。
DSC03035.JPG

「大正天皇の即位を記念して建てられた、オランダバロック風の窓とルネッサンス風のドームをあわせ持つ、完成度の高い擬洋風建築(山形県鶴岡市観光連盟ホームページより引用)」で、とても綺麗な建物なのだけど、実は内部にはほとんど装飾がない。
使うためではなく記念として建てられるとこうなるんだなーと勉強になった。

DSC03041.JPG

そしてようやく、今回の山形旅行のハイライト、カトリック鶴岡教会へ。
明治36年建設のロマネスク様式の教会。
DSC03049.JPG

これはすごい。明治36年に、どうして東北山形に、これほど本格的な教会が出来たのだろう。

DSC03051.JPG

少し調べて分かったのは、当時着任していたフランス人ダリベル神父の全財産と彼が集めた寄付により建築されたということなのだけど、その当人は建築資金の目処がたったら完成を見届けることなく次の赴任地へ旅立っていたという潔さ。
まあ次の赴任地は山形市だったから、きっと完成してから見に行ったと想像するけどね。

ここら辺の経緯に詳しいサイトを見つけたので貼っておく。
データ・シート明治の洋風建築>カトリック教会/礼拝堂5>20鶴岡カトリック教会天主堂

DSC03052.JPG

司祭館
DSC03053.JPG

そして教会内へ
DSC03054.JPG

いやあ、本格的だよー!

DSC03057.JPG

DSC03061.JPG

DSC03064.JPG

DSC03071.JPG

しかしね、これだけ本格的な教会建築ではあるのだけど、床に目を落とすと驚きの事実が。

DSC03060.JPG

床がなんと畳み貼り。

DSC03066.JPG

長崎の五島列島の小さな木造教会であっても、僕が巡った中には畳み貼りの教会堂というものは一つもなくて、唯一、長野県上田市にある上田聖ミカエル及諸天使教会で床張りにゴザ、という形態に出会ったのみ。
しかし明治期に建築された多くのキリスト教会は、みなこんな感じだったのかもしれないね。

次は「窓絵」
DSC03062.JPG

これ、実はステンドグラスではない。

ロマネスク寺院特有の半円アーチの枠におさめられた「窓絵」から、聖堂内に四季の陽光が入り、気高い空間をつくり出している。ステンドグラスでも、色ガラスを組み合わせた絵でもないこの教会の窓の絵は、正式な名称を持たない。二重になっている窓ガラスの内側から描いて外側に透明がラスを設け二枚のガラスで挟んだ「貼り絵」(鶴岡カトリック教会のもの)がある。高価なステンドグラスに代えて使用したと考えられるが、現在は日本ではこの教会の他に見ることはできない。(カトリック鶴岡教会ホームページより引用)


DSC03063.JPG

そして日本で唯一の黒い聖母マリア像
DSC03058.JPG

DSC03059.JPG

どうして顔が黒いのかについては諸説があるのだそうで、肝心のバチカンは「経年劣化による汚れ黒ずみ」で押し通していて解釈することを避けているらしい。
個人的には、これは聖母マリアではなくマグダラのマリアであるという伝承(説)を推したいけどね。

最後に、鶴岡市街地で撮った素敵な建物をいくつか公開して、今回の記事は終了です。

DSC03084.JPG

DSC03085.JPG

DSC03093.JPG

DSC03102.JPG

DSC03103.JPG

DSC03105.JPG

どこが素敵なんだと聞かれても、答えようがないのですー(だって素敵じゃん!)

加茂水族館・銀山温泉夜景編に続く