あることに突然気づいた。

旅行やまち歩きをして、それらをブログにまとめるのが趣味なのだけど、趣味と言いつつその更新頻度はけして多くはない。
その理由が唐突に分かってしまって、どうやら僕は一回の記事の分量が多すぎるのだ。
一回の記事をもっと細切れにすれば旅から帰ってきて直ぐにアップできるし、なにより記事数も稼げる。

ということで、9月の終わりに行ってきた山形旅行を、みみっちいくらいに細切れにしてアップしてみる初体験。
いちおうどんな内容になるのかを書き出してみると、
(1)前書き・寒河江PA車中泊・羽黒山編
(2)鶴岡市近代建築散策(カトリック鶴岡教会など)・加茂水族館編
(3)銀山温泉夜景・道の駅天童車中泊編
(4)山形市近代建築散策編

おお!ブログ4回分にもなるではないか(笑)

実は、仕事の関係で4月以降連休が取りづらくなり、それ故に土曜夜出発、日曜日一日だけの車中泊旅行がメインになっていたのだけど、今回半年ぶりに連休が取れて、ではどこに行こうか、生涯の目標である全都道府県制覇のために訪れたことのない県に行こうか(そのへんの経緯はこの記事に明るい→出雲・松江・米子まち歩き1(サンライズ出雲編))、などと考え、しかし許された時間は金曜の夜から日曜日まで。
性根が卑しいから土曜の朝に出立という行程がもったいなく思えてしょうがなく、で、金曜の夜出発して訪れたことのない県…というと、これが極めてハードなスケジュールになることが判明。
加えて今回は直前まで土曜に休みが取れるかどうか不確実であったので、下調べにもあまり熱が入らない。
ということで、毎回お世話になっているこちらのサイト(近代建築寫眞)をあれこれ眺め、そうして山形県では米沢でしゃぶしゃぶを食べた経験しかないことを思い出し、これだけでは山形県に行ったと胸を張っては言えないと悟り、半年ぶりの連休の行き先を山形県に決めた、という次第なのであった。
(そもそもがこの前書きが長すぎでブログ更新頻度が少ないのではないか?)

ということで早速本文に。

金曜の夜は東北道をひたすら下って、福島県の村田JCTで山形道に分岐。
あとは泊まる場所を選ぶだけで、今回は高速から下りないで寒河江パーキングエリアで車中泊。
ここまで約4時間。到着は22時近く。もう出発前に買っておいた缶ビール飲んで寝るだけですよ。

寒河江パーキングエリア
DSC02950.JPG

DSC02951.JPG

こんな、紅葉には早すぎるし、かといって避暑する時期でもないのに、明らかに車中泊している車が僕以外にも6台あった(数えた)
またここの駐車スペースは大型車エリアと小型車エリアが離れているので、夜も静かだったことを記録しておこう。

翌朝、僕が最初に訪れたのは出羽三山の一つ羽黒山。お目当てはもちろん国宝五重塔。

随神門
DSC02953.JPG

末社羽黒山天地金神社
DSC02954.JPG

随神門を内側から望む
DSC02955.JPG

石段
DSC02956.JPG

DSC02957.JPG

DSC02958.JPG

そしていよいよ国宝羽黒山五重塔
DSC02969.JPG

鬱蒼と生い茂る杉木立の中からこの五重塔が現れると今でも(映像で知っていても)驚くんだから、昔の人はさぞかし驚いただろうなあ。それにしても余計な装飾がない、優美というか、凜とした五重塔。東北地方だから、もっとどっしりしてると思っていたのだけど。

DSC02965.JPG

DSC02964.JPG

しかしねえ、明治の神仏分離の前は羽黒山は神仏習合だったわけで、それが神仏分離で山内の寺院や僧坊はほとんどが廃され、取り壊されてしまったわけで、五重塔は取り壊されず残って本当に幸いだったと思うけど、江戸時代はこの五重塔の周囲にも多くの建造物があったって言うんだからね。
そういう神仏が混沌として入り組んだ本来の姿を実際に見てみたかったよ。

そして参道で素敵なものと遭遇。
たぶん消防の設備。

DSC02971.JPG

他にもあった。
DSC02973.JPG

さて、ここから時間を掛けて羽黒山山頂まで登ることも可能だし、それを勧める記事も多いのだけど、これで体力を使い果たしてしまっては以後の行程に支障を来すので(つまり虚弱なんですよ)潔く駐車場までとって返し有料道路を使って羽黒山三神合祭殿へ。

まず僕を迎えてくれたのは古き良きお土産屋さん。ただし右の増築部分は近年のものだろうね。
観光施設の外観に対する考え方がこの数十年でいかに変化したか如実に伝わる。

DSC02992.JPG

羽黒山三神合祭殿
DSC02987.JPG

DSC02977.JPG

これは確かに豪快な建物だ。
三神を一緒に祀った神社というものが他にどれだけあるのかは知らないけれど、三神を祀っているからこれほどに大きいのか、しかし出雲大社や奈良の東大寺もたいそう巨大なわけだし、やっぱり日本人は大きなものが好き。

DSC02980.JPG

ここでも変なものを発見。プレハブみたいだけどプレハブではない。
DSC02981.JPG

DSC02982.JPG
しかもくぐれる(ここで猫と遭遇するがカメラを向けた途端に逃げられる)

DSC02983.JPG

DSC02984.JPG

これは、羽黒山三神合祭殿から羽黒山参籠所までを繋ぐ回廊なのだけど、そういえばこういうのがある温泉宿ってあったような…

鐘楼堂
DSC02989.JPG

出羽三山歴史博物館
DSC02990.JPG
新興宗教の神殿・祭殿ですよと言えば信じる人がいそうな、つまり新興宗教の建物とは、単に50年前くらいのモダニズム仏教建築様式に過ぎないのではないか。
新興宗教だからって、びっくりするほど奇異な建物作ってるわけではないんだよね。
次は鶴岡市編。
今回の旅の一番のお目当て、カトリック鶴岡教会などへ。