一年ぶりくらいに掌編小説書いた。

信じることについて果敢に挑戦してみた少女に関する短い物語。
あるいはいわゆる「やさしいゲイ」について。