←prev entry Top next entry→
掌編小説「無色透明で出来ている」
少年と少女が、ある目的のために探している場所についての、とても短い物語。
あるいは、取り巻く現実が別の形で目に見えたとしたら。
そして理想や空想は、現実を超えられるのか。


| onai shigeo | 小説・創作 | - | - | - | - |