←prev entry Top next entry→
2010年12月4日のTwitter小説など
「つまりあれか?役所のなかに超法規課を作って、縦横無尽に上司や他部署の承諾なしに何でもやってしまうと。素晴らしいプランじゃないか!何故やらない?」
「いいんですか?市長室のフィギュアとか抱き枕とかも没収されますよ」
「そーゆーことか!!」


【特別】
恋愛やサークル等ではサプライズは歓迎されるが、
会社や役所等の組織では得てして歓迎されない。


彼女「特別じゃないとイヤなの!」
会社「困るんだよねー。特別なことされると」


「特別なことをされると困る」
なるほどこれは組織が構成員(社員・職員)を愛していない証拠にならないか?

| onai shigeo | 小説・創作 | comments(1) | - | - | - |
Comment
2010/12/21 11:04 AM posted by: くり
組織が構成員を愛するのか。
構成員がいるから組織が成り立つのか。
組織を成り立たせるために構成員がいるのか・・・で、変わってきたりして。

「特別じゃないとイヤなの!」
って構成員がいることで組織がおびやかされるのならば、排除は仕方ないことです(^^;)。
特別な構成員がいることで成り立つ組織があるなら、それは許容されるに違いありません(o^-')b。
name:
email:
url:
comments: