←prev entry Top next entry→
2010年11月29日のTwitter小説など
誰だって時と場合によって言うことが変わる。
そんなときは相手を責めるだけでなくて、違うことを言わざるを得なかった相手の事情を想像してみよう。
そして重要なのは、君がその想像を躊躇った場合だ。
もしかして、相手が変わった原因は自分にあるかもしれない。
その可能性を君は受け入れられる?


「相手が君をイライラさせているんじゃない。君が勝手にイライラしているだけなんだ!」


「ちくしょー。俺の中のイライラ棒が収まらねー」
「それを言うなら腹の虫じゃないか?」
| onai shigeo | 小説・創作 | comments(0) | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments: